高電圧システムで時間経過および温度変動に対して安定した高精度測定を実現

 

 

2020年7月08日

SCJ-20-008

日本テキサス・インスツルメンツは、業界初のゼロドリフト・ホール効果電流センサを発表しました。『TMCS1100』および『TMCS1101』は、時間経過および温度変動に対して最小のドリフトと最高の精度を実現しながら、信頼性の高い3kVrms絶縁を提供できます。これは、産業用モータ・ドライブ、太陽光インバータ、エネルギー・ストレージ機器、電源機器などのACまたはDC高電圧システムで特に重要です。製品の詳細に関しては、www.tij.co.jp/product/jp/TMCS1100www.tij.co.jp/product/jp/TMCS1101をご覧ください。

 

産業用システムでは常により高い性能が求められているため、信頼性の高い動作に加え、より高精度の電流測定のニーズが高まっていますが、これは多くの場合、基板スペースの増加と設計の複雑化を伴います。TIでは、絶縁と高精度アナログの両方において培ってきた専門知識を『TMCS1100』と『TMCS1101』に導入することで、より長いデバイス寿命にわたって安定した性能と診断機能を提供しながら、設計時間を増やすことなくソリューションのサイズをコンパクトに保つことを可能にします。

 

『TMCS1100』と『TMCS1101』の詳細については、ホワイトペーパー「Improving Performance in High-Voltage Systems with Zero-Drift Hall-Effect Current Sensing」(英語)をご覧ください。

 

時間経過および温度変動に対して最小のドリフトでシステム性能を向上

『TMCS1100』と『TMCS1101』は、ゼロドリフト・アーキテクチャとリアルタイム感度補償により、温度変動や機器の経時変化といった条件の下でも非常に高い性能を保持します。最大0.45%という業界最小クラスの総感度ドリフト(他の磁気電流センサより200%以上低い)と、0.1%未満の最大フルスケール・オフセット・ドリフトにより、これらのデバイスは幅広い電流範囲にわたって最高の測定精度と信頼性を提供します。また、寿命全体での感度ドリフトは0.5%と、他の磁気電流センサよりも100%以上低く、システムの経時変化に伴う性能の劣化を大きく低減します。

 

超高精度でメンテナンスを軽減

さらに、非常に高い精度を持つ『TMCS1100』(最大1%)と『TMCS1101』(最大1.5%)では、デバイスの校正が不要となり、時間経過に伴う機器のメンテナンスも少ない頻度で済みます。標準で0.05%の直線性により、信号歪みが最小限に抑えられ、産業用拡張温度範囲(-40°C~125°C)にわたって精度を維持するのに役立ちます。

 

8ピンSOICパッケージで3kVrmsの絶縁によりシステム寿命を延長

『TMCS1100』と『TMCS1101』の高品質な構造は本質的なガルバニック絶縁を備え、グリッド接続システムや電源システムの厳しい環境条件に対するUL(Underwriters Laboratories)1577規格に従って、60秒間の3kVrms絶縁を実現できます。どちらのデバイスも寿命全体で±600Vの動作電圧(同じ8ピンSOICパッケージの競合デバイスよりも最大40%高い)をサポートし、業界標準のULおよびVDE要件を超える条件で厳密にテストされているため、設計余裕が増え、デバイス寿命も長くなります。

 

柔軟性の向上により各種の設計ニーズを満たしシステム・コストを削減

『TMCS1100』は差動測定用に外部電圧リファレンスを必要とし、エンジニアは最も厳しい性能目標を満たすために設計を最適化できます。一方、『TMCS1101』は、電圧リファレンスを内蔵し、ピン互換の業界標準実装で高性能を提供するため、設計を簡素化して合計コストを削減できます。

 

パッケージ、供給と価格について

TMCS1100』と『TMCS1101』は、8ピンSOICパッケージで、TIと正規販売特約店より供給中です。ともに1,000個受注時の単価(参考価格)は1.50ドルから設定されています。全量リールおよびカスタム数量リールは、TIウェブサイトとその他の販売チャネルより供給中です。『TMCS1100EVM』および『TMCS1101EVM』評価モジュール(EVM)は、それぞれ59.00ドルでTIウェブサイトより供給中です。TIウェブサイトでは、お支払いと配送方法について各種オプションをご用意しています。

 

※すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。